プロに任せたい鳩駆除|しつこい害鳥も一気に解決

作業員

被害を回避

メンズ

蜂に刺されると、ひどいときには大きな被害を被ることになります。そういった危険性を無くす為に、蜂の退治を専門的に行っている業者に依頼をしましょう。大きな効果をもたらします。

詳しくはこちら

害獣駆除するには

ハト

動物との共存が期待されています

害獣とは人間の生活に悪影響を与える動物のことですが、ペットや家畜などの飼育動物以外の動物は、場合によってはほとんどがこれに含まれる可能性があります。最も身近な地域にいる鳩は害鳥の一種です。もともと日本にいたネズミやイタチなどが郊外の都市化や山林地域の減少などで人間の生活圏に入ってくる場合や、ハクビシン、アライグマといった海外などから飼育動物として持ち込まれたものが野生化してしまうこともあります。これからの時代、ますます人と動物や他生物との共存について、注目されていくことでしょう。土地というものは人間だけのものではなく、本来はそこに生きる目に見えない程小さな生物から植物やすべての命に利用する権利があるものです。なるべく動物にも影響が無く、人間も快適に暮らせるような取り組みが進んで行くことが期待されています。鳩も一度自宅に住み着かれると、大きな被害をもたらす為、鳩対策はとても必要なものだと言えます。鳩対策を施すときには周りへの影響も考慮しておきましょう。

害獣駆除は業者に任せましょう

被害が大きい場合は害獣駆除を行わなければなりません。特に、生態系を崩す形で増えすぎている動物や人に大きな被害をもたらす恐れがある場合は、早急な対策が必要となります。 一般住宅地などでも害獣の被害は増えています。しかし、害獣だからと言って、個人が勝手に捕獲や処分などの害獣駆除を行うことは認められていません。都道府県知事からの許可や狩猟免許が必要な場合がほとんどです。害獣駆除を行う必要がある場合は、害獣駆除のプロフェッショナルに依頼するのが最も迅速で、安心でしょう。動物との共存と害獣駆除はバランスが大切です。どちらに傾きすぎても問題があります。その点からも、害獣駆除は知識や経験、許可を持つ専門業者に任せるのが良い方法と言えます。

夏が生み出す問題

男女

キイロスズメバチの駆除が必要になってくるのは、夏の猛暑によって増殖と繁殖を繰り返すからです。キイロスズメバチは暑い時期に活発な動きを見せる習性があるため、自宅の軒先に巣を見つけた場合などは対処を早くするべきです。

詳しくはこちら

海外からの同行者

散布機

海外旅行先などで、トコジラミなどが衣服につき、そのまま持ち帰ってしまうことがあります。トコジラミの虫は、カーペットや畳の奥など、深く潜むことがあり、なかなか駆除することが難しいです。

詳しくはこちら