海外からの同行者|プロに任せたい鳩駆除|しつこい害鳥も一気に解決

プロに任せたい鳩駆除|しつこい害鳥も一気に解決

女性

海外からの同行者

散布機

海外旅行から帰宅してしばらく、どうやらおかしな虫を持ち帰ってしまったようだ、と気づきました。朝になって目を覚ますと、とにかく身体中が痒い!しかも、痒い箇所をよくみてみると、赤く腫れている!じっくり観察すれば、二本の咬傷になっていることがわかりました。どうやらこれは、トコジラミ、いわゆる南京虫を旅行先から持って帰ったようです。トコジラミは、非常に小さな体長の吸血性の昆虫で、動物から血を吸うことで生きています。別名、南京虫。ただ、シラミという名前が付いているくせにシラミ目ではなく、カメムシ目トコジラミ科、という種類です。同じ血を吸う小さな虫としては、蚊やノミ、ダニがいますが、生態や吸血の弊害など色々な面で違いがあります。ちなみに、南京虫という言葉の由来は、江戸時代、海外から持ち込まれた珍しいものを総称する「南京」という言葉から。つまり、南京虫は、海外から運ばれてこの日本にやってきたのです。

厄介なことに徹底的に南京虫駆除するにはけっこう手間がかかります。身体が小さいので見つけにくく、また夜行性のため昼間は隠れ潜んでいる、と。布団やカーペット、畳の奥深くに潜んでしまうので、そうなると殺虫剤が届かず、殲滅しにくいのです。一番いい方法は、リフォームすること。つまり、トコジラミが隠れ住んでいる家具ごとリフォームしてしまえば、一網打尽にできます。とは言え、簡単にリフォームする、とはなかなか言えませんよね。リフォームにもかなりのお金がかかります。というわけで、リフォームという方法は一つの選択肢として考えつつも、他にも南京虫駆除としてできることを紹介していきます。横浜では、南京虫駆除を積極的に行なっている業者も数多く存在します。横浜の業者は、長い実績がある所が多く、確実に対応を行なってくれます。